2016年09月11日

鈴木亜由子選手

今日は本の内容ではなく、リオオリンピック陸上10000m、5000m日本代表の鈴木亜由子選手について書きたいと思います。
私が鈴木選手を知ったのは、日本郵政グループのいまいち内容が分かりづらいCMで誰なの?っていうところから興味を持ったのが始まりでした。
それからyoutubeなどで鈴木選手の動画を色々見てみたのですが、今まで見てきたランナーの中で一番美しく、無駄がない走りのフォームで一目見てファンになってしまいました。
(特に中学時代のバネのある走りが個人的には好きです)
中学時代から日本一になるほど目立っていましたが、高校時代に足の甲を疲労骨折してしまい苦しい時期もあったようです。スポーツだけでなく、頭もよく、国立名古屋大学に進学して、陸上を続け、徐々に復活を遂げました。それから日本郵政グループに入社し、日本を代表する選手まで飛躍しました。
映像で鈴木選手を見ていると、素朴で純粋でかわいらしく、人を引き付ける魅力があります。
(特に会話の区切り区切りで「はい」が入るところがかわいらしい。本人はこの口癖気づいているの
でしょうか??笑)
リオオリンピック前に足を痛めてしまったようですが、がんばりすぎてしまったのかもしれません。
コツコツ努力を積み重ねてきた真面目な彼女の責任感がそうさせてしまったのかもしれないですね。
オリンピックで思うような結果を残せず、本人が一番悔しい思いをしているでしょうが、過去に苦しい時期を乗り越えてきた彼女であれば、必ず東京オリンピックでこの悔しさを晴らしてくれると思います。
私の希望はとしては、彼女がマラソンで走るのを見たい。
あの無駄のない、美しい走りが活かされるのはマラソンではないでしょうか。
勇気を持って、挑戦してほしいです。
今後の彼女の活躍を期待しながら、応援してます。

おすすめ動画は
https://www.youtube.com/watch?v=ByN2f4LQwZ4
https://www.youtube.com/watch?v=dqS_XvbUGe8
です。一度ぜひチェックして頂きたいです。
posted by J・W・ハウエル at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

酒巻久著 「リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べる」

印象に残った内容は下記の通り。

@一つ先のポジションにいる人を、追いつき追い越せでベンチマークする。

A憶測でものを言う部下には、徹底的に調べて確認させる。

B部下に指示した内容の要点はどこだと思うと質問する。

C成功したら手柄は部下に譲る。

D失敗と呼べるものはほとんどない。99%は手抜きである。
不良の原因のほとんどは、伝えるべきことを正しく伝えていなかったり、一言確認すればすむことを怠ったりといった、コミュニケーション不足に起因している。

E叱る時は、間髪を入れず、その場で叱る。タイミングを逸すると、相手の心に響かない。

F判断が難しいときは、とりあえず保留する。必要な情報を集めるよう指示する。

リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べる はじめて部下を持った君に贈る62の言葉 -
リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べる はじめて部下を持った君に贈る62の言葉 -
posted by J・W・ハウエル at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

長谷部誠著「心を整える」

@過度な自意識は必要ない
Aマイナス発言は自分を後退させる
B集団のバランスや空気を整える
Cグループ内の潤滑油になる
D注意は後腐れなく
E常にフラットな目線を持つ(上から・下から目線ではダメ)
F組織の穴を埋める
G常に正々堂々と勝負する
H目を見て話せば、思いは伝わる
★★★★★
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 [単行本(ソフトカバー)] / 長谷部誠 (著); 幻冬舎 (刊)

posted by J・W・ハウエル at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

栗城史多著 「一歩を超える勇気」

NHK放送の7サミットを見て、著者に興味を持ちました。単独・無酸素で登頂に挑む勇気は感動ものです。

印象に残った内容は下記の通り。

@成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ。失敗は成功と同じカテゴリーにある。

A苦しみに対抗しようとしても力はでない。苦しみを受け入れるしかないのだ。苦しみも不安も全ては自然の一部であり、僕はその自然の中で生かされている。

B人の夢は絶対に否定してはいけない。

C夢をかなえるために必要なのは、夢を志に変えること。つまり、世のため人のために自分の命を果たすこと覚悟を持つことだ。

D人間が本当に力を発揮できるときというのは、すべてを受け入れたときなのではないかと思う。不安も苦しみも、いろんな気持ちも。何がいいとか悪いとかが全くなくて、とにかく全てがいいんだということ。執着せずに、これでいいのだと思うこと。

E僕はこの地上での小さな悩みに翻弄されることはない。なぜなら自分の心は空の上、無限の世界に向かっているからだ。空のように青く、宇宙のような無限の世界。地球もこの自分の命も、すべてここから始まり、そしてここにかえっていく。

★★★★★


一歩を越える勇気

一歩を越える勇気

  • 作者: 栗城史多
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by J・W・ハウエル at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

木村元彦著 「オシムの言葉」

ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞した本です。
オシムが目指したサッカー日本代表の方向性が良かっただけに、道半ばで倒れたことは無念だったと思います。
彼の人生がこんなにも歴史に翻弄されたものであったことに驚くとともに、あの含蓄のある言葉がこういった歴史に影響を受けたものだと理解できた。
また、監督として選手を公平に扱うことや選手をよく観察して一人一人に適した言葉を掛けることなど、人間的に尊敬できる部分が多く、まさに教育者である。
サッカーに興味がない人にもぜひ読んで頂きたい一冊です。

★★★★★


オシムの言葉 (集英社文庫)

オシムの言葉 (集英社文庫)

  • 作者: 木村 元彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/05/20
  • メディア: 文庫



posted by J・W・ハウエル at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする