2011年04月03日

尾形幸弘著 「齋藤一人 商人道」

印象に残った内容は下記の通り。

@「頭の良さ」というもの、究極の眼力は、何をすると人は何を思うかを見抜くこと

A勢いなくして、この世で成功することはない。

★★★☆☆

斎藤一人 商人道 [単行本] / 尾形 幸弘 (著); PHP研究所 (刊)
posted by J・W・ハウエル at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。