2010年03月12日

村上和雄著 「アホは神の望み」

筑波大学名誉教授の村上和雄氏の著著です。

印象に残った内容は下記の通り。

@他人のために生きるとき自分も生かされ、人を助けてこそ我が身も助かる。もっともたくさん与える人がもっとも多くを得る人なのだ。

A敵と思えるような相手に出会ったら、それを忍耐や寛容を与える修行だと考えてみて下さい。そのように考えると敵は私たちの師であり、先生だといえる。人生の苦しい時期は、有益な経験を得て内面を強くする最高の機会。

★★★☆☆


アホは神の望み

アホは神の望み

  • 作者: 村上 和雄
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2008/09/24
  • メディア: ハードカバー





posted by J・W・ハウエル at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。