2009年08月23日

マツダミヒロ著 「やめる力」

職業が質問家であるマツダミヒロ氏の本です。
質問をすることでお金を稼いでいるそうです。

印象に残った内容は下記の通り。

@本当の目的を目指す。
例えば、家族でディズニーランドに行きたいという望みの先には家族で幸せな時間を過ごしたいという本当の目的がある。

A尋問をやめ、魔法の質問をする。
「なんでできないの?」「どうして失敗してしまったの?」ではなく、「どうすればできると思う?」「何があったら達成できる?」にする。つまりWhyではなくHowで質問する。

B「期待通り」ではなく「サプライズ」を始める。
相手が期待していること以上のことをやってみよう。
期待を上回ったとき、喜びが生まれる。記憶に残る。感動が生まれる。

C演じてみる。
あの人みたいになりたいなと思ったら、まるでその人になったかのように演じてみよう。今まで自分からは想像できない言葉や行動が生み出されるだろう。

D見えないところで行動する。
気づかれないけど、いいことをする。それは認められるためにやっていることではない。ただ、いいと思ってやっていること。自分が心からやっていること。自分の成長のため、世の中のためと思える行動をやってみよう。

★★★☆☆


やめる力

やめる力

  • 作者: マツダ ミヒロ
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2009/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





ラベル:マツダミヒロ
posted by J・W・ハウエル at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。