2009年08月23日

木村元彦著 「オシムの言葉」

ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞した本です。
オシムが目指したサッカー日本代表の方向性が良かっただけに、道半ばで倒れたことは無念だったと思います。
彼の人生がこんなにも歴史に翻弄されたものであったことに驚くとともに、あの含蓄のある言葉がこういった歴史に影響を受けたものだと理解できた。
また、監督として選手を公平に扱うことや選手をよく観察して一人一人に適した言葉を掛けることなど、人間的に尊敬できる部分が多く、まさに教育者である。
サッカーに興味がない人にもぜひ読んで頂きたい一冊です。

★★★★★


オシムの言葉 (集英社文庫)

オシムの言葉 (集英社文庫)

  • 作者: 木村 元彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/05/20
  • メディア: 文庫



ラベル:木村元彦 オシム
posted by J・W・ハウエル at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。