2010年03月28日

岬龍一郎著 「欲しがらない生き方」

印象に残った内容は下記の通り。

@単純で質素な生活ほど人間としてふさわしい生活であり、それによって魂(人格)は磨かれ、より強さを発揮する。進歩を求めて心を煩わせたり、外圧に翻弄されて、それに服従してはならぬ。それはすべからく精神の浪費なのだ。余分な富を持つと余分な物しか購入しない。魂が必要としているものを購入するのに、金銭などは必要ない。

A「正直」「知足」「勤勉」が人生の幸福の三原則。全ての徳は「正直」から始まる。「嘘をつくな」「約束を守れ」「不正をするな」「卑怯なことをするな」と、あらゆる道徳の源泉である。「知足」は身の程知らずの欲望は身を滅ぼすもとであり、心を惑わす元凶である。「勤勉」は楽をするより、より難しいほうを求めて、その喜びを知れということである。

Bどんなにご馳走を出されても、いつもカロリー過剰の状態では、それを心底うまいとは思えないし、ありあまる文明の利器のもとでは、もはやそれは宝でもなく、故障したときのみ文句をいう対象となっている。いうならば常に「ある」という状態が、不幸を呼ぶ原因をつくっているともいえる。これはなにも食物や物質だけではなく、情報の氾濫も同じことで、あまりにも多くの情報を与えられると、どれが本物か分からなくなるばかりか、やがては「考える力」「感じる能力」さえも失ってしまう。逆に言えば、人は「ない」ことによって、はじめて「ある」ことの有難さと感謝の心を持つことができ、不足したものに対処する知恵を生み出してくれる。

Cいかにこの世で地位、名誉、財産などを懸命に得たところで、それが社会のためにどれほど役にたっているというのか。自分を満足させているだけだろう。それを得るために争ったり、傷つけあったりと心を煩わせてストレスをためるだけではないのか。そんなものに執着するのは愚かなことだ。赤子のように無心に、水のように柔軟に、空気のように無為に、常に心を穏やかにして、争いごとを避け、みずからを誇らず、名利に惑わされず生きろ。すなわち私欲を捨て去り、無心になれば、自然の懐に抱かれたときのあの安らぎを得ることができる。無為、無心、無欲、謙譲、柔軟、素朴が老荘思想のキーワードである。

D「勉強するのは感動する心を磨くため」である。教養を身に付け、感受性が養われれば、今日一日の新聞を見ただけでも、社会は無数の劇場を与えてくれる。知的好奇心と感動する心があれば、金や名誉や地位に関係なく、人生を恒久的に愉しむことができる。

★★★★☆





欲しがらない生き方 -高等遊民のすすめ- (角川oneテーマ21 B 121)

欲しがらない生き方 -高等遊民のすすめ- (角川oneテーマ21 B 121)

  • 作者: 岬 龍一郎
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/06/10
  • メディア: 新書



posted by J・W・ハウエル at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐久協著 高校生が感動した「論語」

印象に残った内容は下記の通り。

@人間は生まれつきでは大差はないが、その後の学習によって大差がつくものなんだ。だから教育は大切なのさ。

A真の教育は教わる者の自発性を高めることに力を注ぐべきなんだ。自発性さえ芽生えれば、誰もが自学自得するようになるよ。無理やり知識を押付けて教育したつもりになっているのは、とんだ思い違いさ。

B家では親の手伝いもせず、外では老人に席も譲らず、相手を騙してでも人に勝ちたい、周りは全部競争相手だと勉強最優先で生活を送っている若者がいるが、本末転倒もいいとこだね。人を思いやる余裕のない内は、いくら勉強したって何も身につきやしないよ。

C本当に能力のある者はむやみに他人と競争したりしないものだ。争いではなく、友好だよ、紳士の競い合いは。

D人間の価値は才能よりも品位だよ。

E立派な人物は冷静沈着で我を忘れて争うことなどしないもんさ。人と協調するが、派閥活動などしやせんよ。

F全員が悪く言うからとて鵜呑みにせず、きちんと調べてみるべきだ。全員がよく言ってる時も同じことだよ。

★★★★☆


高校生が感動した「論語」 (祥伝社新書)

高校生が感動した「論語」 (祥伝社新書)

  • 作者: 佐久 協
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/06/27
  • メディア: 新書



posted by J・W・ハウエル at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳井正著 「成功は一日で捨て去れ」

ファーストリテイリング会長兼社長である柳井正氏の著書です。
さすがにこの不況下でも成長している企業の経営者は考え方がすばらしいですね。一読の価値あり。

印象に残った内容は下記の通り。

@自分の会社の事業として、単純に「こんなことをしたい」のではなく、常に「どうあるべきか」を考えて決断しなくてはならない。多くの人が自分には果たしてできるだろうか、自分には能力がないのではないか、こんなことよりも自分は別のことをしたほうがいいのではないか、などと思い悩む。それで大失敗するのだ。世間とか世の中は自分よりもずっと大きな存在なので、自分の都合など聞いてくれない。社会的に必然性がなければ失敗する。社会がその事業を要求するから成功するわけで、本当は何も思い悩む必要などないのだ。

A現在のように本当に困窮し複雑な時代だからこそ、物質偏重ではなく精神性に重きをおくべきなのだ。つまり、精神性イコール希望に重きを置くということだ。経営者が経営理念と会社の将来像を明確に指し示しリーダーシップをもって行動すれば、全社員がモラルや倫理感を持ちながら同じベクトルで仕事をするようになるのではないだろうか。

Bまずは社員誰もが、「組織が先にあっての仕事ではなく、それぞれの仕事が順調に進むように有機的に仕事がつながった状態が組織だ」と考えなくてはならない。すべてのしごとはお客様のために存在する。お客様の役に立っていない仕事は不要と考えるべきだ。

★★★★★




成功は一日で捨て去れ

成功は一日で捨て去れ

  • 作者: 柳井 正
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/10/15
  • メディア: 単行本



posted by J・W・ハウエル at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

村上和雄著 「アホは神の望み」

筑波大学名誉教授の村上和雄氏の著著です。

印象に残った内容は下記の通り。

@他人のために生きるとき自分も生かされ、人を助けてこそ我が身も助かる。もっともたくさん与える人がもっとも多くを得る人なのだ。

A敵と思えるような相手に出会ったら、それを忍耐や寛容を与える修行だと考えてみて下さい。そのように考えると敵は私たちの師であり、先生だといえる。人生の苦しい時期は、有益な経験を得て内面を強くする最高の機会。

★★★☆☆


アホは神の望み

アホは神の望み

  • 作者: 村上 和雄
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2008/09/24
  • メディア: ハードカバー



posted by J・W・ハウエル at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする