2009年11月29日

須藤元気著 「幸福論」

元格闘家である須藤元気氏の著書です。四国お遍路を巡った内容を笑いながら楽しく読める本です。

印象に残った内容は下記の通り。

@「幸福だから楽しいのではなく、楽しんでいるから幸福なのだ」
つまり経験が在り方を生むのではなく、在り方が経験を生むのである。

Aもしかしたら目に見えているものは幻想で、目に見えていないものが真実かもしれない。今まで形あるものを追求してきたが、形がないものこそ、永遠に残るものだと感じてきた。

★★★★☆


幸福論 (ランダムハウス講談社文庫)

幸福論 (ランダムハウス講談社文庫)

  • 作者: 須藤元気
  • 出版社/メーカー: ランダムハウス講談社
  • 発売日: 2007/10/02
  • メディア: 文庫



タグ:須藤元気
posted by J・W・ハウエル at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

原田隆史著 「大人が変わる生活指導」

原田総合教育研究所所長である原田隆史氏の著書です。大阪の公立中学の教師時代には陸上部を指導し、7年間で13回の日本一を輩出した手腕を持つすごい人です。

印象に残った内容は下記の通り。

@個人の人生観、生活観、人生における生きざま、思い描く将来の理想像、それを貫く理念を持て。

A死生観を意識することが充実した人生を送ることにつながり、仕事や人生の理念を求める出発点になる。

B理念がないままに、真の目標を見つけることはできない。理念が定まってはじめて、目指すべき目標が次々と見えてくる。目標が定まれば、日々何をすべきか考え抜く。試行錯誤と軌道修正を繰り返しながら、日課をこなしていく。根っことなる理念がなく、基軸がフラフラしていると、目標には絶対に到達できない。

★★★★☆




大人が変わる生活指導

大人が変わる生活指導

  • 作者: 原田 隆史
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2006/05/11
  • メディア: 単行本



posted by J・W・ハウエル at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

伊藤真著 「選び抜く力」

法教育の伊藤塾塾長である伊藤真氏の著書です。

印象に残った内容は下記の通り。

@ワクワクする方を選ぶ。具体的にいえば、
 ・より可能性の開けた方を選ぶ
 ・少し厳しくても自分しかできない方を選ぶ
 ・モチベーションが維持できる方を選ぶ

A現実に起きていないことで不安になるのは、そのためのエネルギーも費やす時間ももったいない。不安は自分の頭の中の幻想にすぎないと認識すること。

B今は手の打ちようがない問題も、自分の成長とともに解決方法が見えてくるもの。その能力が身に付く時まで、腰を据えて待つのだと考える。

C型を意識することは重要。型が決まっていると無駄な判断の時間が減り、結果的に時間を有効に使えるようになる。

★★★★☆


選び抜く力 (角川oneテーマ21)

選び抜く力 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 伊藤 真
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: 新書



posted by J・W・ハウエル at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする